小さな、小さな会社の「経営計画発表会」。やるとやらないとでは大違い!

先日、弊社の経営計画発表会が行われました。

 

おかげさまで「個人経営」から「会社」になって第39期を迎えることとなりました。

昭和45年に創業ですので、個人事業の時から数えますとのべ48年になります。

あと2年で半世紀。感慨深いですね。

そこで、社員さんも増えたこともあり、5年前から本格的に会場をお借りし、「経営計画発表会」なるものを行っております。

ゆたか社長賞

 

まずは「開会宣言」から始まります。

ゆたか社長賞

 

具体的にどんなことをやるのかと言いますと、まずは一年間社内で頑張ってくれた社員さんを表彰致します。

ゆたか発表会

その中のひとつをご紹介致しますと………。

弊社では「ありがとうカード」というものを書いております。

ゆたかカード

これは「ありがとう」を形に変えたもので、紙に「○○さん○○をしてくれてありがとう!」と書き、相手に渡すというものです。

もらった方は言葉で終わる「ありがとう」より数倍嬉しいですよね。

それを「たくさん書いた方」「たくさんもらった方」をそれぞれを表彰致します。

ゆたか社長賞

 

そのほか、社長賞、優秀社員賞、電話応対品質賞………など盛りだくさん。
頑張ってくれた社員さんを大いに労い表彰致します。

ゆたか社長賞

 

弊社社員さんもご多分に漏れず、「花よりだんご」。賞は「盾」と副賞として「金一封」をプレゼントされますが、もっぱら副賞の中身に関心があるようです。

ゆたか社長賞

そしてここからがメインイベント。

向こう一年間の方針を私が発表する場です。
お客様に対して、どんなおもてなしをさせて頂くか?

誰に、どんな風にお料理を提案させて頂くか?

人口が減っていく中、次の一手をどう打つか………。などなど。

ゆたか発表会

弊社社員さんは元より、金融機関のお客様、お取引先様、全国から駆けつけて頂いた会社関係の皆々様に対して、思いの丈を1時間弱お伝えさせて頂きました。

 

最後は社員さんの「決意表明」を頂き、幕を閉じるわけです。

ゆたか社長賞

で、今年は大成功のうちに終わることが出来ました!!

良かった!良かった!!

エッ、何が良かったって?

実は。。。。

いつもなら、私の発表中寝ている社員が2〜3人。(笑)

去年なんか、私が発表しているひな壇の真ん前で寝てるヤツがいたっけ。(泣)

でも今年は全員起床!!

それだけでありがたい発表会でした。

 

発表会の【第2部】は場所を変えて懇親会

優秀社員はこんな洗礼を受けます。

ゆたか発表会

5年目の発表会が滞りなく、終了したわけですがこの発表会、やるのとやらないのでは大違いなんです。

たとえば富士山を思い描いて下さい。4合目まで車で行って登るのか?それとも1合目から登るのか?夏に登るの?それとも真冬に?1人で登る?それとも10人で?

装備品も食料もそれぞれ違う。

という風に同じ富士山でも様々な登り方があるように、弊社の方向性もきちんと差し示してあげるのと、そうではないのとでは社員さんが戸惑ってしまうのです。

たとえば…………。

社員さん「今、何合目あたりですか?」

私「わからんな。。。。」

と言うのと。

社員さん「今、何合目あたりですか?」

私「ようやく9合目まで来たぞ!もう一息だ!!」と言うのでは力の配分も変わって参りますよね。

会社の経営もある意味一緒なのかもしれません。

なので発表会を行って、向こう一年間頑張るにあたり、「経営計画発表」というお大きなかけ声を掛け、「経営計画手帳」という地図を渡し、終了となります。

手帳

 

さて、話は変わりますが。

私の大好きな言葉に徳川家の剣の指南役であります。「柳生家」「家訓」があります。

【柳生家家訓】
小才(しょうさい)は、縁に会って縁に気づかず。
中才(ちゅうさい)は、縁に気づいて縁を生かさず。
大才(たいさい)は、袖振り合う縁をも生かす。

ご縁というのは、不思議です。

一期一会という言葉がありますが、まさにそれに値する言葉と私はいつも思ってます。

柳生家家訓には、知らず知らず縁を粗末にしていないでしょうか?袖すり会った程度の縁を活かすことが、大事だと、現代のわれわれに教えてくれています。

私は大才だとは思っておりませんが、「縁」を通じ様々な方に助けて頂きました。

今回こうして集まって頂いたのもなにかの「ご縁」。

このご縁を大切にしないと罰が当たりますね。

ゆたか発表会

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら