ニュースレターはローカル飲食店の武器です!誰でも出来ることを誰もができないくらいやることの大事さ。

ゆたかでは毎月「ゆたかニコニコ」新聞なるものを発刊しております。

これは弊社にご来店いただいたお客様にアンケート登録の際、ファックス番号を書いていただき、ご登録頂いたお客様に毎月送信するものです。

要は「FAX新聞」ということです。

記事の内容としては最近のスタッフの出来事であったり、旬の食材であったり、ゆたか周辺で行われているイベントや行事なんかを記載をさせていただいております。

ある方にとってはどうでもいいような内容かもしれませんが、時としてご覧いただいたお客様からお褒めの言葉をいただいたり、もしくはお叱りのお言葉をいただくこともしばしばあります。

これって、作っている我々にとっては毎月送信はしているものの、なんの反響が無いより、お客様からの叱咤激励があると言う事は何よりも嬉しいことであります。

ところで皆さん、なぜこんなファックス新聞を毎月発刊しているとお思いでしょうか?

実は飲食店に来店しなくなる1番の要因は「忘れてしまう」ということなのです。

なので弊社は数多くの情報から埋もれてしまわなくするように、この「ゆたかニコニコ新聞」を発刊しているわけです。

なので紙面上では一切の売り込みは致しておりません。

最後に1行のみ、さりげなく「ご法要とお祝い膳」のご案内をする以外は全く商品紹介というものをしておりません。

こんな新聞も毎月毎月発行し続けておかげさまで25年を迎えるにいたりました。

こんな小さなお店でもやり続けることで1年間で12枚×25年間でのべ300号の発行となったわけです。

ほんの小さな力ですが書き続けることで、現在は登録ユーザー数1,500名に達することができました。

「誰でも出来ることを誰もができないくらいやる」ことの重要性を今更ながら噛み締めています。

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら