ハノイ飲み比べ。。。いえいえお酒ではありません。今日はカフェ巡り

連日連夜、ハノイに来て胃袋が休むことがありません。

持病である逆流性食道炎の薬を大量に持ってきているせいか症状も沈静化。

そんな中、今日は地元のトレンドを調査するためにカフェ2店をベンチマーク致します。

まずは地元若者に絶大なる支持を得ているCONG CAPHE(コンカフェ)。

我々が行ったのはフランス植民地時代に建てられた聖ヨセフ大聖堂の近くにあるお店。
時期的にクリスマスツリーが飾られています。

この界隈、日本人向けのおみやげショップがあったり、通り沿いにはたくさんの画廊があります。
そんなことで絵を衝動買い(笑)

価格交渉するととんでもない値段にプライスダウン。

よって、バズーカー砲のようなケースに入れていただいたわけです。
(北海道までどうやって持って帰ろう…。という感じです。)

話が脱線いたしました…

お店構えはこんな感じ。こちらも古い建物を改装したレトロちっくな佇まい。

ハノイ市内は景観を保つために古い建物をそのまま生かしてリニューアルするケースが少なくないそうです。
日本でいえば京都のような感じでしょうか?

店内の雰囲気はレトロ感満載。
日本では昭和チックに仕上げたカフェが若者受けしていますが、そのベトナム版といったところでしょうか。

ここハノイでスタートした、人気のコーヒーチェーンCONG CAPHE(コンカフェ)でありますが。今やベトナム全土に展開しているようです。
お店の雰囲気は店舗によって異なるようですが、古いアパートのような建物にお店をかまえているのが特徴のひとつ。

窓からは大聖堂を眺めることができます。(とてもロマンティック)

ここで有名なのがハノイ名物「ヨーグルトコーヒー」。

えっ!ヨーグルトとコーヒー???
ヨーグルトとコーヒーという組み合わせは想像しにくいですよね。
私も実際に飲むまでは恐る恐るでした。


しかし、これが意外にもとても美味しいのです。

ベトナムコーヒーを使っているのでしょうか?
混ぜながら飲むと、ほのかなコーヒーの苦味とヨーグルトの酸味が一体となって、とても深い味わいを作り上げています。


コーヒーが苦手な私でも美味しくいただけました。

ちなみに私達が案内された席はシャワールームを簡易的に改装した部屋でした。
シャワーの蛇口を外し、DIYで壁を塗り床を板張りにしたような感じで、内装にお金がかかってる様子はありません。
こういうのが現地の若い方にウケてるんですね。

さて、このコーヒー豆ですが、ここベトナムに来るまでは知らなかったのですが、なんと全世界の出荷量第2位がここベトナムなんだそうです。
コーヒー豆といいますと「コロンビア」とか「ジャマイカ」とかが有名ですよね。
しかし、ベトナムのコーヒーは出荷量こそ2位ですが品質が安定しないためブランド化が難しいそうなんですね。
そこでブレンド用コーヒーとして使われることが圧倒的に多く、その名を潜めているようです。
異国でアレンジコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごすのも良いかと…
ハノイ発祥店のCONG CAPHE(コンカフェ) その他にもメニューは豊富です。

所在地: 1101 Hoang Cau, Hanoi 10000, Vietnam
公⁠式⁠サ⁠イ⁠ト:http://congcaphe.com/
営業時間:7:00 – 23:30

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら