銀婚式イヤーの今年。

妻と思い切って会社を離れヨーロッパへ。

前号の続きです。

乗り継ぎ合計16時間あまりの機内の中で、飲むは喰うはで、お腹もチャポンチャポン。

そんんこんなでやってきました。花の都パリ。

まずはパリ、シャルル・ド・ゴール空港に降り立ちます。
RERに乗り換えパリの中心部リュクサンブール駅(Gare du Luxembourg)へ

チケットの買い方、乗り方がわからなかったのですがインフォメーションの方が親切に教えてくれました。北海道で寒さは慣れているはずなのに、ここパリは一段と空気が凛としていて気温も北海道より5度ほど低い感じ。

今回はホテルを取らずにパリ市内のど真ん中、大火災の起きたノートルダム大聖堂の近くの友人宅をお貸しいただけることになりました。

エントランスはゴージャス。

部屋は最上階へ。真上から見るとこんな感じ。築100年以上は経っています。

ドアの前にはフランス人の友人が洒落たおもてなしをしてくれてます。

夫、写真がボケていました。部屋はこんな感じ。間取りは1Kです。

眼下に広がる景色は歴史を感じさせる重厚な建物が並んでおります。さながら、パリは街全体が美術館といった感じですね。着いたのが18時過ぎ。夕日が綺麗でした。

丁度、「パリろう学校」真横に位置するこのアパルトマン。

そばにはソルボンヌ大学もありとても静かなエリアです。窓からの眺めは最高です。

機内でいいだけ食べて、飲んででしたので今日は友人の用意してくれたカフェ・オ・レとフランスパンをかじって就寝。時差ボケで眠いのなんの…。

さて、今回の旅行のためにスケジュールをしっかりと作ってきました。

準備万端です。

Google mapを見ながら距離と時間を測り、旅先の気温や移動手段すべてを網羅した、旅行代理店にも負けないくらいの旅程表です(笑)

さて、明日からどんな旅が待っているのでしょうか?

■今回の旅。ガンガンマイルを貯め、往復の航空券タダ。しかもビジネスクラス。
こんな感じで年に数回、旅行に行けちゃう話。お伝えします。
私が数十万円払って、各セミナーでマスターした内容です。
余計な買い物をしなくても、しっかりマイルを貯めて、まずはハワイ旅行を目指しましょう!
ご連絡いただければ往復の旅費・宿泊費プラス5万円(要2〜3時間くらいの内容)で日本全国お伺い致します。
ご連絡先 ken@yutaka-web.com まで

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら