パリ3日目。前号の続きです。

今日はパリ中心部から郊外へと車を走らせます。

私が運転するわけではなく、パリの友人がぜひ連れて行きたいところがある….ということでパリ郊外のバルビゾンという村へ。

ここは画家のミレーが中心となって活動をされていたエリアであります。

知ってます?

ミレーですよ。ミレー

そう、この絵を書いた画家がミレーです。

芸術にうとい私でもなんとなく、小学校の頃の教科書に出ていたのを覚えています。

最近知ったのですがこの絵を「落ち葉拾い」(おちばひろい)と認識していた恥ずかしい私。

正解は「落ち穂拾い」(おちぼひろい)だそうです。(笑)

さて、パリ市内から友人の車で出発するわけですが、ちょっとやそっとのドライブ技術では日本人には運転は無理ですね。

日本人の感覚で、「ここはこっちが優先だよな…」なんてことは通じません。ガンガン来ます。

レンタカーを借りてパリを運転…なんてやめたほうがいいです。

割り込みはするわ、信号無視はするわ…ですし、歩行者も信号に関係なく飛び出してきます。

そんなんでパリ市内を出て高速移動路に入り……….

車に乗って1時間半くらいでしょうか。しばらくすると、のどかな田園風景が広がってきます。

パリからだとこんな感じ。Googleでは1時間くらいの道のりですがかなり渋滞していました。

ようやく、バルビゾン村に到着。

ここには有名なフォンテンブローの森が広がっています。

駐車場の足元に落ちているのは栗でしょうか?沢山の木の実が落ちています。

手にとって見ると微妙に栗と違って潰れたような…。

すると友人がこれは栗ではなく、マロニエの実だと言います。

マロニエ…。

そう、パリの街なかに植樹されているあのマロニエの実だそうです。食べれない…..。

このバルビゾン。同じフランスとは思えないほど違った雰囲気。

チョット昔にタイムスリップした感じ。

駐車場から少し行くと、ありました!!ミレーの家が。

看板に日本語で書かれてます。

当時の生活が伺えるような家具や調度品、備品なんかもそのままに再現されております。建物も一部補修は加えられているもののほぼ再現。

床から壁に至るまで一言なくタイムスリップしたような感じになるでしょう。

入場料がかかりますが絵が好きな方ならハマるに違いありません。

この手の芸術は私にはよく分かりませんが行ったことで満足はしました。
帰りはブローニュの森をぐるっとまわりパリへ。

パリからは電車やバスが出てるそうなので、時間のある方はのどかな田園風景と落ち着いた街並みでフランス田舎街を満喫するのも良いかもしれませんね。

所在地: 27 Grande Rue, 77630 Barbizon, フランス
営業時間:
9時30分~12時30分, 14時00分~18時30分
火曜日 定休日
時間変更の可能性
電話: +33 1 60 66 21 55

 

 

■今回の旅。ガンガンマイルを貯め、往復の航空券タダ。しかもビジネスクラス。
こんな感じで年に数回、旅行に行けちゃう話。お伝えします。
私が数十万円払って、各セミナーでマスターした内容です。
余計な買い物をしなくても、しっかりマイルを貯めて、まずはハワイ旅行を目指しましょう!
ご連絡いただければ往復の旅費・宿泊費プラス5万円(要2〜3時間くらいの内容)で日本全国お伺い致します。
ご連絡先 ken@yutaka-web.com まで

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら