海外に出たら、やはりこれでしょ!

ということで、平成最後の年の体当たりブログ第1弾!

というわけで、懲りずにまた散髪にチャレンジしてきました。

 

 

前回はタイのバンコクでチャレンジしましたが、結構な凄まじさだったのが記憶に残っています。(笑)

で、ベトナム・ハノイに来たらやはり、「青空散髪」。

ということで、ガイドさんに連れられて、「通称床屋通り」うというところに案内していただきました。

場所につくと、それらしき方々が通りに並んでいらっしゃいます。

おお!!カットしてる!

ここも

この方も!

どういう基準で店を選ぶんでしょうか?(店といっても屋根はないんですが……)

みなさん、理髪師の免許なんかあるんでしょうか?(笑)

案内をしてくれた現地ガイドさんに「ベトナムの方は青空の下の床屋さんに行くんですか?」なんて聞きますと、若い方は殆ど行かないとのこと。

若い方は格好の良い、室内の床屋さんに行くそうです。

ベトナムでは昔から理髪は外で行うのが一般的だそうですが、近年はおしゃれな床屋さんに行く方が増えてきているとのこと。特に40代以下の若い方が室内派とのことでした。

で、床屋さんがたくさん居る中、誰にしようか迷ったあげく、自身の髪型もベトナムナイズされている床屋さん(?)にお願いすることとしました。(笑)

鏡は柵の支柱にくくりつけてあるだけ。マスクやスプレーもこんな感じです。

洗髪台なんかあるわけがなく、私が座る前から歩道は前の人の切った髪の毛だらけ。

柵に挟めてあるスポンジは何をするのか聞くと、毛を払うのに使うそう。(結構使い古しで黒ずんでます。笑)

鏡の前の棚においてあるハサミやバリカンを見ても、前のお客の髪の毛だらけ。
日本では保健所が来て一発アウトでしょうね。

いちおう、扇風機やドライヤーなんかもありましたが発電機なんかないし、どこから電源を引っ張ってくるのでしょうか?(ま、まさか盗電???)

しかしながら、商売というのはどこでも成り立つことを教えてくれてます。
商人とはこうハングリーでなくてはならないと、勉強になった次第です。

そこで、来るときに買った「ポケトーク」で話します。

「髪の毛をかっこよく切っていただけますか!」

通じたのか通じないのかニヤリと笑います。

で、椅子に座るように促されいよいよ、スタート。

最初はクシとハサミでカットです。

次はバリカンの登場!

どんどん短くなっていきます。

左右はもちろん後頭部もかなりの刈り上げ。

本当に路上で切ってます。行き交う車の音が騒々しい。

おまけに8:2に分けられ、分け目にバリカンで更に筋を入れていきます。

人生初の8:2です。(笑)

今度は顔そり。

新しい剃刀の刃を見せ、使い回しじゃないことをアピールしてきます。

なんて素早いんでしょう。ここまで15分。

最後はドライヤーで毛を吹き飛ばします。

整いました〜!!(古っ!)
これが、ベトナムでイケてる髪型だそうです。

これで、しめて50,000ドン。日本円で250円。

値段以上にスリリングな時間を体験できました。

暇な方はしばし、動画をお試しください。(4分少々ございます。)
ハサミの動きが妙に無駄に感じるのは私だけでしょうか?笑

次は室内編に続きます。