飲食店の新規オープン、リニューアル。厨房器具は新品か中古か?


オークションサイトや個人売買など、中古厨房器具の流通がかなり増えてきているようです。

小さいものから、中には食品工場レベルで使う大きなものまで、数多くの製品が流通していますね。

特に飲食店をオープンするとなると初期投資がかなりかかります。

食器類や什器備品、中でも1番高額なのが厨房器具ではないでしょうか?

 

そこで私はあるクライアントさんから、中古厨房機器の購入のご相談をされました。

中古厨房機器については作業台や吊り戸棚など電気や給排水を伴わないものはお勧めしますがそれ以外のものはNGを回答させていただいてます。

なぜって?

 

メーカーさんによっては、いくら自社の商品でも中古品と言うことがわかると途端に態度が冷たくなるからです。(笑)

要はメーカーから新品を買ったお客様に対してはしっかりとサポートするものの、オークションサイトや闇ルートをたどって購入した商品には修理をNOとする業者さんさえおります。

 

そんなことで中古品を買ったはいいが故障して、修理してもらえず泣き寝入り…なんて言うケースも少なくありません。

 

なので安物買いのなんとか… . にならないように、その辺のことも考え購入したいものです。

この記事を書いた人

鈴木 賢司

鈴木 賢司

昭和41年生まれ。地元高校を卒業し札幌東京へフレンチを志し修行。

家業である実家の飲食店に帰って20数年。気がつけば社長でした(笑)

詳しいプロフィールはこちら